お問い合わせ

犯罪司法情報サービス部 (CJIS) セキュリティ ポリシー

ユーザ認証アイコン (緑)

FBI、鑑識局、CJIS システム局の共同プログラムであり、犯罪司法情報サービス部 (CJIS) セキュリティ ポリシーで、指紋や、地方、州、連邦の連邦司法および警察機関に集められている犯罪歴などの機密情報の保護において対処しなければならない注意事項を概説しています。

CJIS セキュリティ ポリシーには、ワイヤレス ネットワーク、リモート アクセス、暗号化、暗号モジュールの証明書、暗号鍵の最小キー長などに対する特定の要件で構成されています。

司法局および警察機関は、影響を受けるシステムを調達および実装する前に、CJIS ポリシーで制定される要件を把握しておく必要があります。

Gemalto は、データが保管、処理、使用中であるかどうかにかかわらず、組織全体のデータの安全を確保するリモートアクセス、多要素認証、暗号化機能を提供します。

Gemalto の CJIS コンプライアンス対象 SafeNet 製品:

多要素認証製品のセキュアなアクセス

多要素認証

企業において多要素認証は、企業ネットワークへの安全なアクセス、ユーザのアイデンティティの保護、ユーザ提供の信用情報の確認という重要な機能を担っています。当社の Authentication-as-a-service、認証管理、および豊富な認証フォームファクタなら、強固な認証ベスト プラクティスに従って、企業が信頼できるアクセス制御ポリシーを確立し、それを簡単に管理できるようにします。

多要素認証製品の詳細
CJIS コンプライアンスのためのネットワーク暗号化

稼働データの暗号化

SafeNet High Speed Encryptors は、認定されたレイヤ 2 ネットワーク暗号化を提供し、最も安全な稼働データの保護、最大のパフォーマンス、「設定/消去」管理によるほぼゼロのオーバーヘッド、TCO(総所有コスト)の極小化を実現します。。CJIS-SP は、同じ機関内であっても、安全な施設外に送信されたときにデータを暗号化することを要求します。SafeNet High Speed Encryptor は、稼働中の CJI の全ライフサイクルを制御して保護するのに役立ちます。

CJIS の通信データ暗号化の詳細
データ暗号化アイコン

保存データ暗号化製品

SafeNet High Speed Encryptor に加え、企業全体にわたってCJI セキュリティ ポリシーを効果的に制御可能にするスケーラブルなやり方で、サイロ化による制約された暗号化から移行し、一元管理可能な、統一された暗号化の導入を可能にする―SafeNet データ暗号化ソリューションを導入すればそれらが実現されます。このソリューションは、データベース、アプリケーション、個人を特定可能な情報 (PII)、物理/仮想データセンターおよびクラウドストレージなど幅広く適用できます。

データ暗号化の詳細

お問い合わせ

 

セーフネットへご関心をお持ちいただき、有難う御座います。セーフネットへのお問い合わせにつきましては、当フォームに必要事項をご記入いただき、SUBMITボタンをクリックして頂きますようお願い申し上げます。弊社担当者よりご連絡させて頂きます。

 

お問い合わせフォーム

* メールアドレス:  
* 名:  
* 姓:  
* 企業名:  
* 電話番号:  
* 国:  
* State (US Only):  
* Province (Canada/Australia Only):  
* 市町村  
コメント:  
 


Submit(送信)ボタンをクリックすることにより、私はジェムアルトのプライバシーポリシーに記載されている通り、ジェムアルト及びその関連会社から情報を受け取ることに同意します。