お問い合わせ

IoT (モノのインターネット) の保護

インターネットであらゆるモノが常時繋がる生活がますます進み、そこからより多くの洞察が生まれています。IoT (モノのインターネット) の台頭により、データやシステムへの脅威はこれまでにない巨大なものになっています。毎日平均 13 回の企業セキュリティ侵害があり、1 日に約 1,000 万件、つまり 1 時間に 420,000 件の重要な記録が失われています。新しいコネクテッドデバイスが市場に出るたび、セキュリティ研究者たちは内在する脆弱性を公開しています。彼らは適切なセキュリティなくして、コネクテッドデバイスで IoT を活用することの危険性を世界に知らせています。

 
 
IoT セキュリティのマーケット ガイド画像

IoT セキュリティ リスクを軽減する計画はありますか?

Gartner の IoT セキュリティ市場ガイドでは、IoT のセキュリティ上の課題を解決するための推奨事項を提示しています。

今すぐ IoT セキュリティのための Gartner マーケット ガイドにアクセスしてください!

IoT を取り巻く脅威へのセキュリティ対策

IoT に対する攻撃対象は大きく、デバイスへの攻撃、デバイスとマスター間の通信への攻撃、マスターへの攻撃の 3 つに分類できます。エンドユーザとコネクテッドデバイスを保護するためには、これらの IoT 攻撃すべてに対処する必要があります。

IoT の保護 - デバイスへの攻撃画像  

IoT デバイスへの攻撃

 

攻撃者にとって、コネクテッドデバイスはいくつかの理由で都合の良い対象となります。まず、多くのデバイスは、備わる機能のシンプルな性質によって固有の価値を持ちます。たとえば、インターネット接続されたセキュリティ カメラは、侵害されたときに特定の場所のセキュリティ姿勢に関する貴重な情報を提供する手段となります。

 

IoT 脅威 - 通信への攻撃画像  

通信への攻撃

 

一般的な攻撃方法は、メッセージを通信時に監視して改ざんすることです。IoT 環境を通過するデータの機密性については、メッセージやデータが通過中に傍受、捕捉、操作される可能性があります。この種の攻撃は特に危険です。これらの脅威はすべて、送信される情報やデータに対する信頼と、インフラ全体に対する究極の信頼を脅かすものです。

 

IoT セキュリティ - マスターへの攻撃画像  

デバイスのマスターへの攻撃

 

IoT でつながるすべてのデバイスやサービスには、マスターが必要です。マスターの役割は、デバイスの発行と管理を行うだけでなく、データ分析を容易にすることもあります。マスターに対する攻撃は、メーカー、クラウド サービス プロバイダ、IoT ソリューション プロバイダなどに甚大な損害を与える可能性があります。彼らの多くは、大量のデータや非常に重要な機密情報も取り扱っています。このデータは、分析のために IoT プロバイダにとっても価値があり、戦略的なビジネス資産の中核となります。また、漏洩した場合、重大なリスクとなって事業継続に影響を及ぼします。

 

お問い合わせ

 

セーフネットへご関心をお持ちいただき、有難う御座います。セーフネットへのお問い合わせにつきましては、当フォームに必要事項をご記入いただき、SUBMITボタンをクリックして頂きますようお願い申し上げます。弊社担当者よりご連絡させて頂きます。

 

お問い合わせフォーム

* メールアドレス:  
* 名:  
* 姓:  
* 企業名:  
* 電話番号:  
* 国:  
* State (US Only):  
* Province (Canada/Australia Only):  
* 市町村  
コメント:  
 


Submit(送信)ボタンをクリックすることにより、私はジェムアルトのプライバシーポリシーに記載されている通り、ジェムアルト及びその関連会社から情報を受け取ることに同意します。