お問い合わせ

SafeNet Protect V による仮想マシン暗号化

最高のクラウド データ保護

SafeNet ProtectV は、業界初の包括的なクラウド データ保護ソリューションです。同ソリューションは、組織がクラウド移行を安全に行うことをサポートします。仮想マシン インスタンスおよび接続されたストレージ全体を暗号化し、クラウド内のデータへのアクセスを制御することで、業界のセキュリティ基準と規制に対応できるようにします。

企業が仮想マシン暗号化ソリューションとして SafeNet Protectv を選択した理由をいくつか紹介します:

仮想マシン暗号化画像
一般的な環境のサポート

SafeNet ProtectV は、Amazon Web Services(AWS)、Microsoft Azure、IBM Cloud(SoftLayerベアメタルサーバーを含む)、VMware など、主要なパブリッククラウド環境に仮想マシン暗号化を提供します。

クラウド データ保護 - コントロール センター
クラウドを最大限に活用する

SafeNet ProtectV の統一された暗号化機能とアクセス コントロール機能により、ビジネスの機敏性を高めながらコスト削減を図ります。

データ保護ソリューション
暗号化されたデータと暗号化キーを制御する

データ アクセスを取り巻く環境を追跡できるだけでなく、侵害が発生していると思われる、ないしは発生が予想される場合に、キー アクセスを取り消すこともできます。

仮想マシンを分離する
仮想マシンのインスタンスを分離して制御する

SafeNet ProtectV StartGuard は、起動前認証により、適切な許可なく仮想マシンを起動することができないようにします。

クラウド アクセス コントロール
コンプライアンスの達成と維持

監査証跡と詳細なコンプライアンス報告書による明確な説明責任を確立することにより、PCI DSSHITECH/HIPAAEU の GDPR, およびその他の規制に対処します。

Informa ロゴ
Gemalto SafeNet ProtectV は、AWS 環境でシームレスに動作するように最適設計がなされた完全なソリューションです。ProtectV は、データを保護するための堅牢で明確なプロセスを提供することで、AWSのビジネス上のメリットを安全に活用しながら、機密情報に必要な制御を効果的に保持することができます。
- Informa Group IT、CTO、Marcus Fritsche 氏

 

 


SafeNet ProtectV の機能の詳細情報:


仮想化データセンターおよびクラウド環境でのデータ保護  

仮想化データセンター/クラウド環境でのデータ保護 - ホワイトペーパー

クラウド サービスと仮想化データセンターがコスト優位性とビジネスの機敏性をもたらすのは明らかですが、セキュリティへの影響もあります。このホワイトペーパーで主に説明するのは、

このリソースを手に入れる  
Informa のクラウド データ保護のケーススタディ  

Informa - SafeNet ProtectV / KeySecure - ケーススタディ

Informa はヨーロッパ全域の自社データセンターをクラウドに移行しようとしていました。その際、必要なセキュリティを提供するデータ暗号化ソリューションとして Gemalto に注目し...

このリソースを手に入れる  
SafeNet ProtectV 仮想マシン暗号化の製品概要  

Gemalto SafeNet ProtectV - 製品概要

このリソースを手に入れる  
SafeNet ProtectV によるクラウドコンプライアンスの実現  

クラウドにおけるコンプライアンスの実現 - SafeNet ProtectV ホワイトペーパー

仮想化データセンター/クラウド環境は、コスト、スケーラビリティ、機敏性において比類のないメリットをもたらします。しかし、これらの新しいモデルは、セキュリティの範囲を提示し...

このリソースを手に入れる  
Microsoft Azure 仮想マシン暗号化  

仮想マシン暗号化 - Azure - 製品概要

組織がビジネス クリティカルなアプリケーションを実行したり、機密データを格納したり、それにアクセスしたりする場合、しばしば柔軟で低コストの IT リソースに迅速にアクセスする必要が生じます。クラウド サービスは....

このリソースを手に入れる  
クラウドにおける持続可能な PCI コンプライアンスへの対処 ホワイトペーパー  

クラウドおよび仮想環境における PCI-DSS の対応 - ProtectV - ホワイトペーパー

Payment Card Industry Security Standards Council (PCI SSC) は、データセンターの統合とクラウドの移行動向をサポートするために、標準に関するガイダンスを更新し...

このリソースを手に入れる  

繊細なワークロードを安全にクラウドに移動


SafeNet ProtectV - クラウド データ保護アイコン

機密性の高いデータのセキュリティは、クラウド移行において最優先の問題となっています。この問題は、データセンターの仮想化の進展でコスト削減が図られるなかで、将来的にクラウドの活用で得られるメリットに含まれるビジネスの機敏性を制限します。

SafeNet KeySecure で SafeNet ProtectV を使用するメリット:

  • 仮想マシン全体を暗号化してコンプライアンスを維持する
  • クラウド内のセキュリティ ポリシーとキー管理ロックダウン システム
  • すべての仮想マシンのコピーとスナップショットを追跡し、詳細な監査レポートを生成できる
  • 組織は暗号化キーを完全に管理し、明示的な同意なしに法律的に認められた差し押さえを回避できる
 
SafeNet ProtectV クラウド データ保護の図

ProtectV による安全なデータセンター仮想化の強化


機密性の高い規制データのセキュリティの問題は、データセンターの仮想化やクラウドの発展の障壁となっていました。この問題は、データセンターの仮想化の進展でコスト削減が図られるなかで、将来的にクラウドの活用で得られるメリットに含まれるビジネスの機敏性を制限します。

SafeNet KeySecure で SafeNet ProtectV を使用するメリット:

  • 物理サーバを仮想マシンと同じポリシーで保護する
  • 仮想マシン全体、バックアップおよびスナップショットを暗号化する
  • ハイパーバイザーやストレージ管理者からの暗号化/キー管理の管理を分離し、機密データへの管理者アクセスを排除する
  • 侵害が発生した場合 (キー削除による) 機密データをすばやく処理する
 

クラウド内の ProtectV データ保護 - 仕組みの小図

SafeNet ProtectV ソリューションのコンポーネント:

  1. SafeNet ProtectV Manager – 仮想マシン インスタンスおよびその暗号化/復号を管理し、セキュリティ管理の詳細およびポリシーを作成および管理する一体化コンソール。

  2. SafeNet ProtectV Client – 仮想マシン インスタンスまたはデータセンターのサーバにインストールされ、関連する ProtectV Manage セキュリティ ポリシーやストレージに保管されているパーミッション、暗号化データに基づいた StartGuard 起動前認証を要求するクライアント。

  3. KeySecure – ハードウェア アプライアンス (3a) または仮想プラットフォーム内に仮想セキュリティ アプライアンス (3b) として提供される、堅牢で可用性の高いエンタープライズキー/暗号管理ソリューション。


SafeNet ProtectV 技術仕様:

機能

詳細

クラウド プラットフォームのサポート対象:
最小システム要件: SafeNet ProtectV マネージャ:
  • AWS: m3.medium 以上 (実稼働環境) / 1 ボリューム (自動作成/8 GB)
  • VMware:Ubuntu [Linux 64 bit]、2vCPU、4GB メモリ (最小)、1 NIC (VMXNET 3)、16GB ディスク

SafeNet ProtectV クライアント:
  • AWS: m1.小または大型のインスタンス、256MB RAM、100MB ののディスク空き容量
  • VMware:256MB RAM、100MB 空き容量
クライアント OS サポート*
  • CentOS
  • Microsoft Windows Server
  • Red Hat Enterprise Linux (RHEL) 
  • SUSE Linux Enterprise Server (SLES)
  • Ubuntu

* *最新の技術仕様とサポートされているバージョンについては、Gemalto サポート ポータルのカスタマー リリース ノートを参照してください。


AWS Marketplace Badge
CTA - ProtectV Product Brief

お問い合わせ

 

セーフネットへご関心をお持ちいただき、有難う御座います。セーフネットへのお問い合わせにつきましては、当フォームに必要事項をご記入いただき、SUBMITボタンをクリックして頂きますようお願い申し上げます。弊社担当者よりご連絡させて頂きます。

 

お問い合わせフォーム

* メールアドレス:  
* 名:  
* 姓:  
* 企業名:  
* 電話番号:  
* 国:  
* State (US Only):  
* Province (Canada/Australia Only):  
* 市町村  
コメント:  
 


Submit(送信)ボタンをクリックすることにより、私はジェムアルトのプライバシーポリシーに記載されている通り、ジェムアルト及びその関連会社から情報を受け取ることに同意します。