お問い合わせ

Authentication as a Service (AaaS)

SafeNet Authentication Service (SAS) で運用コスト削減

Authentication as a Service の概要

クラウド ユーザのアクセス アイコン

クラウドをベースとしたサービスの導入は毎年増え続け、データやアプリケーションをクラウドで管理することによるメリットを利用するビジネスも増え続けています。同時に、様々な場所から企業のデータおよびアプリケーションにアクセスするユーザーのデバイス数の増加は、組織に新たな脅威をもたらしています。Authentication as a Service (AaaS)は、企業が複数のアクセスポイントの認証強化を簡単にできるようにします。 

SafeNet Authentication Service (SAS)は、企業独自のニーズに対応できる柔軟性に富んだトークンオプションを装備した、完全自動化の高いセキュリティを提供し、運用コストの削減にも貢献します。

SafeNet Authentication Service (SAS)は、インフラが不要であるため、複数階層、マルチテナントのクラウド環境に簡単に移行でき、クラウドベースおよびオンプレミスのアプリケーションから、ネットワーク、ユーザー、デバイスに至るすべてを保護します。

  • すべて自動化: オーバーヘッド作業を減らし、効率性を最大限に高める

  • すべてを保護: ネットワーク、アプリケーション、クラウドサービスなど幅広いAPIを提供

  • 全員を守る: トークン、ポリシー、カスタマイズを提供

  • 容易な移行: 過去の投資を保護しながら、既存ソリューションからのスムーズな移行

  • 経費削減: インフラ及びリソースへの投資不要

SafeNet Authentication Service (SAS) の詳細


  • 幅広い対応

    • プラットフォームを必要としない、認証、管理、セルフサービスなど、Webサービスによる豊富なAPI

    • 用途に合わせた幅広い設定

    • ベンダーおよびフォームファクターを選ばない

  • 幅広い自動化

    • プロビジョニング、管理業務、ユーザー/トークンの管理における作業時間と経費を削減

  • 企業の Web 実装を柔軟にサポート

    • 24時間利用可能

    • ハードウェア要件なし

    • 企業の要件に合わせた拡張

  • マルチティアー(階層)/マルチテナント環境

    • 異なるクライアント、地域、グループを簡単サポート

    • ポリシーの中央管理

  • カスタマイズ

    • ユーザ認証過程の完全な定義と管理

    • ユーザセルフサービス、承認ワークフロー、登録の多言語サポート

    • インフラストラクチャとユーザーの使い勝手全体のカスタマイズとブランド化による組織の差別化


SafeNet 認証サービスの詳細

企業は、SafeNet 認証サービスで複数階層/マルチテナント クラウド環境に安全に移行が可能です。当社の AaaS ソリューションがクラウドベースおよびオンプレミス アプリケーション、ネットワーク、ユーザ、デバイスを保護する方法について詳しくお読みください。

SAS - より速く、より効率的に認証導入を管理 - エグゼクティブサマリー

SAS - より速く、より効率的に認証導入を管理 - エグゼクティブサマリー

クラウドと仮想環境への移行、モバイル従業員の増加、BYOD (Bring-Your-Own-Device)の傾向、およびクラウドベースのアプリケーションの採用は、ITインフラと管理のための巨大な継続的投資を生み出します。

Der Tagesspiegel - SAS - 事例

Der Tagesspiegel - SAS - 事例

ドイツの新聞社「Der Tagesspiegel」は、ユーザが安全かつ便利に企業のオンライン ポータルにアクセスできる認証ソリューションを探していました。Tagesspiegel グループ全体の出版ITチームは、新技術を検討しながら、エンドユーザにシームレスな体験を与えることができるクラウドベースのソリューションを積極的に探していました。「SafeNet 認証サービス」は、その目的に適切なソリューションであることが証明されました。

セーフネット認証サービス:より速く、より効率的に認証導入を管理 - ソリューション概要

セーフネット認証サービス:より速く、より効率的に認証導入を管理 - ソリューション概要

クラウドと仮想環境への移行、モバイル従業員の増加、従業員に広まる BYOD (Bring-Your-Own-Device) の傾向、クラウドベースのアプリケーションの採用により、従来のネットワーク セキュリティ領域の境界が曖昧になっています。

Dudley Metro Borough Council - SAS トークン - 事例

Dudley Metro Borough Council - SAS トークン - 事例

イギリスの地方自治体は、記憶にある中で最も深刻な財政難ですが、同時に地域の納税者に提供するサービスを向上させる必要に迫られています。ウェストミッドランド州のダッドリー区議会は、2つのレベルで活用可能な SafeNet 認証サービスのリモート アクセス ソリューションを発見しました。


CTA - SAS Free Trial
The True Cost of Strong Authentication White Paper
Auth Migration Guide WP

お問い合わせ

 

セーフネットへご関心をお持ちいただき、有難う御座います。セーフネットへのお問い合わせにつきましては、当フォームに必要事項をご記入いただき、SUBMITボタンをクリックして頂きますようお願い申し上げます。弊社担当者よりご連絡させて頂きます。

 

お問い合わせフォーム

* メールアドレス:  
* 名:  
* 姓:  
* 企業名:  
* 電話番号:  
* 国:  
* State (US Only):  
* Province (Canada/Australia Only):  
* 市町村  
コメント:  
 


Submit(送信)ボタンをクリックすることにより、私はジェムアルトのプライバシーポリシーに記載されている通り、ジェムアルト及びその関連会社から情報を受け取ることに同意します。