お問い合わせ

SafeNet eToken Virtual

証明書ベースの二要素認証用ソフトウェア認証システム

eToken 認証アイコン

eToken Virtual は、ソフトウェア ベースの二要素認証セキュリティ ソリューションです。セキュアなリモート アクセス、ネットワーク アクセス、デジタル署名をサポートするフル機能の公開鍵 インフラストラクチャ (PKI) を提供します。

eToken Virtual は、 SafeNet Authentication Client および SafeNet Authentication Manager (SAM) と組み合わせて使用することで、ハードウェア ベースのスマート カードのセキュリティの利点と機能を兼ね備えた、フルマネージド型のスマート カード実装ソフトウェアです。SAM には PKI キーペアと証明書、およびシングル サインオンのプロファイルを含めることができます。

eToken Virtual のセキュリティ機能は、高度なソフトウェア ベースのセキュリティと完全性を保証します:

キーと証明書は eToken Virtual 内で安全に生成・保管されるため、セキュアでないコンピュータ環境のリスクにさらされる危険がありません。eToken Virtual に保管されるデータは、公開データと秘密データに分けられます。公開データは誰でも利用することができますが、秘密データは AES 128 アルゴリズムによって暗号化されます。

eToken Virtual のデータは、特定のストレージ デバイスや使用中の PC にプロビジョニングされた時点でロックされます。一度ロックされると、eToken Virtual とそのデータはどちらも、別のストレージ デバイスにコピーすることはできなくなります。

eToken Virtual では、企業のポリシーに応じてパスワードの複雑度を強化することができます。改ざん防止対策のために、ポリシーは RSA 2048 ビット キーを使用してデジタル署名されます。

eToken Virtual は常に非スワップ メモリに保存されるため、データがディスクに書き込まれることはありません。

eToken Virtual ファイルをファイル システムから削除するときは、痕跡が一切残らないように、事前にすべての秘密データがランダム データで上書きされます。


技術仕様

管理

eToken TMS 5+

セキュリティ アプリケーション

SafeNet Authentication Client 5+

サポートされている Windows OS

  • Windows 8.1 (32 ビットおよび 64 ビット)
  • Windows Server 2012 R
  • 以前のすべての Windows バージョン

サポートされている Mac OS

  • Mac OS X 10.9 (Mavericks) 
  • 以前のすべての Mac OS X バージョン

サポートされている Linux OS

次の Linux OS の最新バージョンをサポートします。
  • Red Hat
  • Ubuntu
  • Debian
  • SUSE
  • CentOS 
  • Fedora 
サポートされている OS のリストについては、SafeNet 認証クライアント技術仕様をご覧ください。

フィーチャ:

eToken 認証アイコン
  • ロックとロック解除 ― eToken Virtual は認証デバイスへのアクセス試行回数を制限し、ロックされた認証デバイスは管理者パスワードを使用しないとロック解除できません
  • パスワード ポリシー ― eToken Virtual は、パスワードの複雑度とルールについての企業のポリシー施行をサポートします
  • Crypto API を使った Crypto のフル機能 ― eToken Virtual は、CryptoAPI および PKCS#11 をフルサポートしている eToken PKI Client (5+) と組み合わせて使用できます
  • スマート カード ログイン ― eToken Virtual と eToken Network Logon 5+ を組み合わせると、Windows 環境へのスマート カード ログインが可能です
  • デバイス ロッキング ― eToken Virtual を特定の PC またはフラッシュ デバイスにロックし、ユーザがその PC またはデバイスからしかアクセスできないようにすると、高度なプロテクションを維持し、アクセス許可されていないデバイスの使用を制限できます
  • フル ライフサイクル管理 ― eToken Virtual を SafeNet Authentication Manager と組み合わせると、従来はハードウェア ベースの認証システムでしか提供されていなかったセルフ サービス機能や管理機能を使用できます

利点:

  • 低い TCO (総所有コスト) ― 物理的な認証デバイスに比べてコスト効果が高くなっています
  • ダウンタイムなし ― 物理的な認証デバイスとは異なり、置き忘れや盗難、破損の心配がありません
  • 利便性 ― ハードウェア デバイスを追加せずに、二要素認証を行うことができます
  • スムーズな管理 ― ソフトウェアのポータブル性により、ソフトウェア認証システムの配布、実装、管理、復旧が簡単です
  • 組み合わせが可能 ― SafeNet のその他の認証製品やアプリケーションと統合して使用することができます

Ensure secure remote access for employees and partners

お問い合わせ

 

セーフネットへご関心をお持ちいただき、有難う御座います。セーフネットへのお問い合わせにつきましては、当フォームに必要事項をご記入いただき、SUBMITボタンをクリックして頂きますようお願い申し上げます。弊社担当者よりご連絡させて頂きます。

 

お問い合わせフォーム

* メールアドレス:  
* 名:  
* 姓:  
* 企業名:  
* 電話番号:  
* 国:  
* State (US Only):  
* Province (Canada/Australia Only):  
* 市町村  
コメント:  
 


Submit(送信)ボタンをクリックすることにより、私はジェムアルトのプライバシーポリシーに記載されている通り、ジェムアルト及びその関連会社から情報を受け取ることに同意します。