お問い合わせ

IDCore Java Card

フレキシブルで信頼できるオープンプラットフォーム

IDCore スマートカードは、接触型と非接触型の技術を組み合わせることができる柔軟なプラットフォームで、一枚のカードで組織の物理的な入退室管理と、論理的な情報アクセス管理を実現します。  Mifare、DESFire、Legic Advant、およびHID Prox / Indala / iClassなどの非接触型の技術と統合可能です。 加えて、このオープンプラットフォームはカスタマイズ可能であり、デュアル機能性を有効にでき、 接触型と非接触型の両方のデュアルインターフェースとその関連するアプリケーションを単一のチップで管理することが可能です。

妥協の無いセキュリティ

Java Operating Systemを利用するIDCore スマートカードは、強固なセキュリティ認定を取得した高度なマイクロコントローラーが組み込まれています。 IDCore Java Card OS は業界をリードするセキュリティチームによって、サイドチャネル、 侵害、高度な障害などの様々な脅威の対策として設計されました。 IDCore Java Card OS は業界の最も厳格なセキュリティ認定、例えば、FIPS 140-2 レベル3、FIPS 201、およびCC EAL4+ / PP SSCDを満たします。

モジュール構成および柔軟なアーキテクチャー

IDCore ソリューションは使いやすく、またプラットフォームとアプリケーションを別々にするオープンOSアーキテクチャーで簡単にアップデートできます。 これはカード発行後に、変更を追加する際の制約を減少させます。 コンプライアンス保護のアプリケーションはカードに組み込むことができ、また 既存のものと互換性のあるカードは手軽に生成することができます。 Java Card 技術ではアプリケーションの開発サイクルの短縮が可能であり、プロトタイプ作成と導入も早くなります。

費用と時間がかかるマスキングを繰り返す必要がありません。新しいアップレートが簡単にJava Cardメモリーに組み込まれます。 加えて、複数セキュリティドメインとダイナミックなアプリケーションの分離により、発行者、アプリケーションプロバイダー、およびオペレーターの間に様々なビジネスモデルの可能性が広がります。 IDCoreの 仮想マシンは、ソフトウェアパフォーマンスを最大化するために、セキュリティに影響を与えることなく合理化されました。 最新の高性能マイクロコントローラーを利用しているので、最も速いJava オープンプラットフォームの一つを実現しています。

 

 

 

お問い合わせ

 

セーフネットへご関心をお持ちいただき、有難う御座います。セーフネットへのお問い合わせにつきましては、当フォームに必要事項をご記入いただき、SUBMITボタンをクリックして頂きますようお願い申し上げます。弊社担当者よりご連絡させて頂きます。

 

お問い合わせフォーム

* メールアドレス:  
* 名:  
* 姓:  
* 企業名:  
* 電話番号:  
* 国:  
* State (US Only):  
* Province (Canada/Australia Only):  
* 市町村  
コメント:  
 


Submit(送信)ボタンをクリックすることにより、私はジェムアルトのプライバシーポリシーに記載されている通り、ジェムアルト及びその関連会社から情報を受け取ることに同意します。